スコアを見てて、ハープの段に書いてあった図形が気になった、というのがきっかけで、少しハープについて調べていました。

気になった記号は、ハープペダルダイアグラムというもので、Lilypondでも挿入することができるハープの音階の調整を指示する記号です。

http://lilypond.org/doc/v2.18/Documentation/notation/harp.ja.html

以前、ケルティックハープを間近で見て、触ったことがあったのですが、そのハープはペダルではなくハンドルが付いていたなあ、という記憶から、ペダルハープや、レバーハープ(ノンペダルハープ)を知り…、という感じの一日でした。

以下、Tweetです。

五線譜を書こうと思って、MusicTeXを調べていたら、Lilypondというソフトウェアを知ったので、インストール。プログラムを書いてコンパイルするように、Lilypondはテキストを入力してPDFを出力するというもの。でも、いちいちコンパイルするためにコマンドプロンプトを開くのも面倒なので、GUI環境であるFrescobaldiもインストール。

さて、譜面なのですが、流石にすぐに色々書けるわけでもなく…、コマンドを少しずつ覚えていかないと…。

http://lilypond.org/website/development.ja.html ここの、マニュアルを読んで、少しずつ覚えていきたいです。